【DTPの勉強会 第21回】開催のお知らせ


DTPの勉強会 第21回を2016年5月21日(土)に開催します。

■開催概要
日時:平成28年5月21日(土)13時30分〜19時00分(予定)
場所:エッサム神田ホール 2号館 4階・大会議室(2-401)
定員:80名(先着順・要事前申込
参加費:3,000円(当日支払)

■テーマ
はじめての印刷入稿のためのデータ作成入門
InDesignやIllustratorなどを使って作成したデータは、印刷されて初めて「製品」となります。
印刷するためにデータは「版に分解」されます。この分解を行うのが製版であり、データを作成する場合は「どのように分解されるのか」を意識してデータを作る必要があります。いくらデータを作り込んでも、印刷できなければ「作り込み」に意味はありません。
ところが最近では、CTPやPDF入稿の普及、コストダウンのための色校(プルーフ)レスなどにより、データ作成者が製版・印刷の現場や工程を目にする機会が少なくなってきています。
そこで今回は「データ作成入門」として、「RIPで何が行なわれているか」「印刷に適した望ましいデータとは?」「印刷用のPDFの作り方」について取り上げます。

■スピーカー
[RIP解説]
森脇 恵研友社印刷株式会社・CTP業務課)
枚葉オフセットメインの印刷会社にてRIP周りのお仕事をしています。Apogee Prepressを運用中。

[データ作成]
尾花 暁あかつき
出版系のデザイン・DTPをメインとするデザイナー。
+DESIGNING Vol.40」の「きれいなデータはトラブル知らず! デザインデータ制作マニュアル 」、「+DESIGNING Vol.41」の「そのやり方、古いかも? デザイン・DTPの新常識」など執筆を担当。

[PDF入稿]
笹川純一株式会社吉田印刷所
2000年から印刷通販を始めた時の立ち上げスタッフ。入稿データの編集とRIPを担当する(当時)。
お客様からの様々な入稿データを編集する中で、より安全な製版(出力・印刷)をするにはどのような設定にしたら良いのか、どんなトラブルがあるのかを情報発信。
情報は現在「DTPサポート情報」というサイトにて発信している。

■懇親会
勉強会終了後、近くの居酒屋にて開催します。
参加費:実費(4000円程度を予定)

■お申し込み
平成28年4月21日21時よりこちらにて受け付けます。
皆様の参加を心からお待ちしております。

コメント

非公開コメント

過去アーカイブ































































プロフィール

DTPの勉強会(東京)

Author:DTPの勉強会(東京)
東京で開催している『DTPの勉強会』です。

開催に関するご質問や各種お問い合わせは「dtpstudy@gmail.com」までお願い致します。